ナウファル・バニス

この選手にどれぐらい期待できますか?
全く期待できないあまり期待できないどちらとも言えないやや期待できる絶対に期待できる (2 投票, 平均: 4.00 / 5)
読み込み中...
Nameナウファル・バニス(Naoufal Bannis)
Date of birth2002年3月11日
Place of birthオランダ ハーグ)
Height180cm
PositionCF
Current clubフェイエノールト

※ナオフォール・バニスとも表記される

フェイエノールトが誇る生粋のゴールハンター

プレー動画          

経歴             

■ 2002-2019年(幼年期~フェイエノールト)

モロッコ人の家庭にてオランダ・南ホラント州の基礎自治体(ヘメーンテ)であるハーグに生まれている。地元のVVハーフランディアでサッカーを始めると、2011年よりADOデン・ハーグの下部組織に加入。デン・ハーグのユースで約6年間を過ごした後、現在のフェイエノールトに移籍した。2017-18シーズンの開幕をフェイエノールトU17で迎えた彼は、16歳ながらチームを牽引するとプライマリ・ラウンド(予選)を2位で終え、決勝リーグでもチームを2位に導くなど、U17においては20試合で10得点を記録している。また、同シーズンは2018年5月のU19オランダカップにてフェイエノールトU19でのデビューも飾り、U19エールディヴィジ(オランダのU19リーグ)でのデビュー戦となったアヤックスU19を相手に1得点1アシストと鮮烈な活躍を残している。

これらの活躍から2018年5月にフェイエノールトとのプロ契約を締結すると、U19に昇格することが決定。カテゴリが変わりながらも得点力は衰えることもなく、プライマリ・ラウンド(予選)では10試合で9得点を記録した。年末年始にかけては負傷離脱する期間もあったことで、年明け後のU19エールディヴィジでは本調子を取り戻せなかったが、2019年4月20日のエールディヴィジ(オランダ1部)第31節のAZアルクマール戦ではトップチームにおける初めてのベンチ入りを経験した。ニコライ・ヨルゲンセンとディレン・フェンテの代役として2試合にベンチ入りを果たしているが、トップデビューには至っていない。ただ、2019-20シーズンに向けたオーストリアでのプレシーズンキャンプにはトップチームに帯同しており、SCD Puttenとの親善試合では得点を記録するなど積極的なアピールを見せている。

代表歴            

モロッコ人の家庭にて育っているが、2017年1月に初めてデビューを飾ったオランダU15を始め、オランダの世代別代表としてのプレーを選んでいる。中でも2019年5月に行われたU-17欧州選手権では、決勝ラウンドの全試合に出場し、決勝戦のイタリアU17戦でも得点を記録するなど、チームの優勝に貢献した。

移籍の噂           

2018年5月に締結したフェイエノールトとの最初のプロ契約は2021年6月末までとなっており、欧州の主要クラブからの関心を避けるような策を講じている。当面はフェイエノールトにおけるトップデビューであるため、移籍に関しては前向きな姿勢ではないだろう。

プレースタイル        

ウィンガーとしても起用されているが本職は中央に君臨する絶対的エースな役割であり、生粋のゴールハンターとしての才能に溢れる逸材だ。狭いスペースであろうと優位なポジショニングを取り、泥臭い形からでもゴールを量産できるようなタイプである姿はまさにハンターと言えるだろう。フィジカル面の強化を徹底させたのであれば、今すぐにでもトップチームで活躍できるようなポテンシャルを秘めている。