エルクラーノ・ナビアン

選手紹介

この選手にどれぐらい期待できますか?
全く期待できないあまり期待できないどちらとも言えないやや期待できる絶対に期待できる (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...
Name エルクラーノ・ナビアン(Herculano Nabian)
Date of birth 2004年1月25日
Place of birth ポルトガルギニアビサウ)
Height 182cm
Position CF
Current club ヴィトーリアSC

新たなルカクと称されるポルトガルの原石

プレー動画          

経歴             

■2004-2020年(幼年期~ヴィトーリアSC)

彼の細かな出生地や幼年期のキャリアは不明だが、西アフリカに位置するギニアビサウ共和国の出身とされている。初期のクラブキャリアとして、2013/2015年(9歳~11歳)までの2シーズンをレクレイオス・アルゲイランにて過ごしており、2015/2016シーズンからはプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)にも定着しているベレネンセスSADに加入した。ベレネンセスU15では13歳~14歳ながら23試合で14得点を記録すると、ベレネンセスU17としても4試合に途中出場するなど国内では徐々にその存在が知れ渡るようになっている。

2018年8月、クラブの知的財産権などで揉めていたベレネンセスを離れるようにしてヴィトーリアSC(ヴィトーリア・ギマランイス)に加入すると、初年度となる2018/2019シーズンはNacional Juniores C(U15リーグ)において36試合・34得点を記録。高い適応力で2019/2020シーズンからはヴィトーリアSCのU17チームに昇格を果たし、現時点で23試合・17得点を挙げながらビッグクラブからの関心を集めている。

代表歴            

世代別代表ではギニアビサウではなく、ポルトガルを代表している。2019年8月にはポルトガルU15としてフロリダ州で開催されたCONCACAF U15チルドレンチャンピオンシップに招待を受けると、6試合で5得点・5アシストの成績を残してことで大会ベストイレブンにも選出されている。2019年9月からはポルトガルU17にも招集され、U17欧州選手権やアルガルヴェ・カップにも出場した。

移籍の噂           

2020年4月以降、様々なクラブからの関心が伝えられており、FCバルセロナとレアル・マドリード、PSG、ASモナコが具体的なクラブ名として挙げられている。ヴィトーリアSCとは2021年6月末までの契約を残しているが、クラブのプロ契約に署名することを代理人などを交えて保留にしているため、彼自身が心を奪われるようなクラブからのオファーが届けば移籍に心がなびくだろう。スペインのAS紙によるとホセ・フントとエンリケ・ピナというスペインにコネクションを持った代理人からも支援されていることが報告されているため、スペインへの移籍が最も近いのではないか。

プレースタイル        

ビッグクラブの関心を集めた際に新たなルカク、ポルトガルのルカクと称されており、191cm/93kgのルカク本人よりは一回り小さい182cm/81kgの体格ながらもプレースタイルの類似性から比較を受けている。ルカクとは異なる右利きのセンターフォワードであり、U15~U17カテゴリでは向かうところ敵なしの物理的な強さでスケールの大きさを感じさせるストライカーだと言えるだろう。まだ16歳と若いため、改善すべき点として総合的な品質や強引に物事を進行する傾向があることなど長い目で見定めていく必要はある。