スファナット・ムエアンタ

選手紹介

この選手にどれぐらい期待できますか?
全く期待できないあまり期待できないどちらとも言えないやや期待できる絶対に期待できる (3 投票, 平均: 3.67 / 5)
読み込み中...
Name スファナット・ムエアンタ(Suphanat Mueanta)
Date of birth 2002年8月2日
Place of birth タイシーサケート)
Height 172cm
Position CF/WG
Current club ブリーラム・ユナイテッド

多くの最年少記録を樹立したタイ王国の神童

プレー動画          

経歴             

■ 2002-2017年(幼年期~ブリーラム・ユナイテッド)

カンボジアとの国境に面するシーサケート県に1人の神童が誕生した。名前はスファナット・ムエアンタ、後に数多くの最年少記録を樹立することになる少年だ。4歳年上の兄であるスパチョク・サラチャットも現役のタイ代表としてプレーする有望株であり、そんな兄の姿を追うようにして4歳の頃から彼はサッカーを始めたという。田舎に住んでいた彼らは将来サッカー選手としての夢を描くような少年ではなく、純粋にサッカーを楽しんでいたと回想しており、本格的にプロとしての将来を考えるようになったのは、タイの名門クラブであるブリーラム・ユナイテッドに加入した頃からだ。ブリーラム・ユナイテッドのアカデミーに加入後はメキメキと頭角を現し、2017年シーズンでは14歳ながらトップチームに登録されるなど、これから訪れるドラマの序章となった。

■ 2018-2019年(ブリーラム・ユナイテッド)

2018年4月26日、タイ・リーグ(通称:T1)第12節のナコーンラーチャシーマーFC戦にて後半ロスタイムに兄のスパチョク・サラチャットとの交代でトップデビューを飾った彼は、15歳8ヶ月22日という記録にてタイリーグにおける史上最年少出場記録を樹立。1ヶ月後のエアフォース・ユナイテッドFC戦では後半45分間の出場ながら初ゴールを含む2得点を決めており、勢いそのままにタイリーグにおける史上最年少得点記録を打ち立て、2018年シーズンは12試合で2得点の活躍を残すこととなった。

2019年シーズンに入ると、2019年3月13日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)グループラウンドの全北現代モータース(韓国)戦にて大会史上5番目の若さでデビューを飾り、翌節の北京国安(中国)戦では一矢報いる大会初ゴールを記録すると、ここでもまたアジア・チャンピオンズリーグ史上最年少での得点記録となっている。

代表歴            

14歳ながら既にタイU16にてプレーしていた彼は、U16の10番を背負いチームの絶対的なエースに君臨。ブリーラム・ユナイテッドでトップデビューを飾ってからは、U19、U23と飛び級で選出されており、ついには2019年6月にタイのフル代表に初選出を受けている。ベトナムとの親善試合にてタイ代表として史上最年少デビューを果たし、兄と共に代表のピッチに立ったことで感動を与えることとなった。2019年7月より就任した西野朗が率いてからは、まだ代表に帯同しておらず、2~3週間の離脱が予想されていたことから2022年ワールドカップの予選メンバーには招集されていない。

記録類(当時)           

【15歳-08ヶ月-22日】タイ・リーグの史上最年少出場記録
【15歳-09ヶ月-24日】タイ・リーグの史上最年少得点記録
【16歳-08ヶ月-07日】アジア・チャンピオンズリーグの史上最年少得点記録
【16歳-10ヶ月-03日】タイA代表の史上最年少出場記録

プレースタイル        

非常に若い年齢にて定着しているだけに、サッカーの才に溢れた天才型の選手であることは間違いないだろう。足下のスキルを中心とした技術に定評があり、本職とするフォワードとしての決定力の高さも評価できるだろう。しかしながら、線の細さはトップレベルにはないためプレースタイルを崩さない程度での強化は必須だ。