マティアス・アレソ

この選手にどれぐらい期待できますか?
全く期待できないあまり期待できないどちらとも言えないやや期待できる絶対に期待できる (4 投票, 平均: 4.75 / 5)
読み込み中...
Nameマティアス・アレソ(Matías Arezo)
Date of birth2002年11月21日
Place of birthウルグアイモンテビデオ)
Height175cm
PositionCF
Current clubCAリーベル・プレート

16歳にして結果を残すウルグアイが誇る新たなストライカー

プレー動画          

経歴             

■ 2002-2010年(幼年期~ペスカ・デ・ベルヴェデーレ)

5人兄弟の第3子としてウルグアイのモンテビデオに生まれた彼は、3歳の頃よりモンテビデオのバリオ(地区)であるパソ・デ・ラ・アリーナのベビーサッカークラブ、トレス・デ・アブリル・クラブでサッカーを始めていた。既に2つ上のカテゴリでプレーするような選手であったが、当時の事に関しては「自分は何もしなかったと思う、ただボールの後ろを追っていた」と多くを覚えていない。その後、ペスカ・デ・ベルヴェデーレでの1年間を経た彼は、8歳より現在のCAリーベル・プレートのアカデミーに加入している。

■ 2010-2019年(リーベル・プレート)

「リーベルが家であり、クラブに知らない人はいない」と語るように、多くの時間をリーベル・プレートの下部組織で過ごしていた彼は、15歳にしてパブロ・ティスコルニアが率いるトップチームに帯同を許されると、2018年8月26日のランプラ・ジュニアーズ戦にて15歳ながらベンチ入りを果たしてる。2019年シーズンもアペルスーラ(前期リーグ)を終え、トルネオ・インテルメディオ(中期リーグ)を迎えた頃から背番号「9」を与えられると、2019年7月14日のCAプログレッソ戦にて念願のトップデビューを飾ることとなった。そんなトルネオ・インテルメディオではグループステージの全7試合に出場し、CAフベントゥ・デ・ラス・ピエドラス戦にて初ゴールを記録、続く強豪のCAペニャロール、ダヌビオFCを相手にも得点を奪ったことで見事にグループステージを首位で通過。ファイナルステージのリヴァプールFC戦では敗れたもの、エースナンバーの期待に応えるようにして結果を残しているため、クラウスーラ(後期リーグ)でも本格的なブレイクが予想される選手となった。

代表歴            

ウルグアイU15から世代別代表のエースとして君臨しており、2017年U-15南米選手権と2019年U-17南米選手権の両方で目覚ましい活躍を残していた。中でも2019年U-17南米選手権ではエクアドルU17を相手に記録したハットトリックを含む、7試合で5得点の活躍で得点ランキングで2位となっている。ただ、チームとしては決勝リーグで最下位となっているため、2019年10月より開幕を迎えるU-17ワールドカップの出場権を逃す悔しい経験を味わった。

移籍の噂           

具体的な噂は報じられていない。

プレースタイル        

9番のポジションを得意とする生粋のストライカーであるが、じっとチャンスを伺って待つことは好きではなく、1ヶ所に留まることなくオフ・ザ・ボールの動きで果敢にボールを要求するタイプだと自身で語っている。175cmと身長としては大きくはないが、身体の使い方が上手いため空中戦でも引けを取らない、内側でプレーすることが好きではあるが、外側(サイド)でのプレーも得意とするなど16歳とは思えない完成度の高さで周囲を驚かせた。