フェデリコ・オリバ

この選手にどれぐらい期待できますか?
全く期待できないあまり期待できないどちらとも言えないやや期待できる絶対に期待できる (6 投票, 平均: 4.00 / 5)
読み込み中...
Nameフェデリコ・オリバ(Federico Oliva)
Date of birth2004年7月22日
Place of birthアメリカシカゴ)
Height1??cm
PositionCF/AMF
Current clubアトレティコ・マドリード

※フェデ・オリバとも表記される

アトレティコのカンテラに控えるシカゴ産の逸材

プレー動画          

経歴             

■2004-2020年(幼年期~アトレティコ・マドリード)

両親は共にアルゼンチン人であり、1996年からアメリカに移住しているため彼の生誕地はシカゴとなっている。シカゴから車で1時間ほどの距離にあるエラ・サッカークラブにて幼年期を過ごしていた彼は、ヨーロッパへのコネクションを持っていたコーチからアトレティコ・マドリードの入団テストを受けることを勧められると、スペインにて合格を勝ち取り2012年より現在のアトレティコ・マドリードに加入した。アトレティコ・マドリードの下部組織に入団が決まったことで、父は彼の夢を応援するためにイリノイ州での仕事をインターネット上で行なうことを決意し、両親と兄のニコラスと共にスペインでの生活が始まっている。

ベンハミン(U9~U10)への所属が決まると、エルチェでのフェアプレイカップやエルアラモでのトーナメントで大会MVPに選出されるなど環境が変わりながらもスペインでの生活に順応していた。2016年のラ・リーガ・プロミセス(U12)では決勝戦にてバルセロナに敗れるも、彼自身は6得点の活躍でジェラール・デウロフェウやカルレス・アレニャなどが受賞した大会MVPに選出されている。そして時は流れ15歳となった彼は2019/2020シーズンをカテデA(U16)でプレーしており、コロナウイルスにより中断されたがリーグ戦では20試合で18得点を記録するなど順調にステップアップ中だ。

代表歴            

アメリカとアルゼンチンを代表では選択できる権利を持っているが、世代別代表では2019年4月に招集されたアメリカU15から一貫してアメリカ代表として国を背負っている。2020年2月には15歳でアメリカU17でのデビューも飾るなど、USSF(アメリカ合衆国サッカー連盟)は現時点で才能の確保に積極的だ。将来的に彼がトップチームで活躍するころにはアルゼンチンとスペインも動き始める可能性もあるだろう。

移籍の噂           

現時点ではプロ契約を締結しておらず、引き抜きの噂も報じられていない。

プレースタイル        

幼い頃からスキルの高さは際立っており、アトレティコ・マドリードでは10番を着用しているなど右利きのクラックと呼べるプレーヤーだ。カテゴリが違っても衰えない高い得点力によりフォワード登録となっているが、将来的にはウィングまたはトップ下の位置で名を馳せるのではと予想される。15歳となった現在は、既に大人と同様の体格までに成長しているなど総合値の高い逸材と言える。