フリストス・ツォリス

この選手にどれぐらい期待できますか?
全く期待できないあまり期待できないどちらとも言えないやや期待できる絶対に期待できる (まだ評価がありません)
読み込み中...
Nameフリストス・ツォリス(Christos Tzolis)
Date of birth2002年1月30日
Place of birthギリシャテッサロニキ)
Height174cm
PositionCF/WG
Current clubPAOKテッサロニキ

※クリストス・ツォリス、クリストス・ゾリスとも表記される

ブレイク必至となるPAOKのライジング・スター

プレー動画          

経歴             

■2002-2015年(幼年期~PAOK)

ギリシャ第2の都市であるテッサロニキに生まれた彼は、地元のドクサ・ペンタロフォスMASにキャリアを始めた後、8歳(2010年)より現在のPAOKテッサロニキに加入した経歴を持っている。アカデミーでの存在感は多くの大人たちの目を引いており、K12(12歳未満)では2014年にスペインで行われたFCバルセロナに勝利を収めた映像が残っているなど常にチームの中心選手であったという。翌年の2015年にはストックホルム(スウェーデン)でのレナート・ヨハンソン・トーナメントで5試合11得点を記録したことで国外からの高い評価を得ていた。

■2016-2020年(ローゼンヘーエ~PAOK)

PAOKでのキャリアが順調に思われていた彼であったが、国内の経済危機(ギリシャ危機)によって家族はギリシャから避難することを決意したことで、2015年の途中からはドイツに移住。ドイツではSGローゼンヘーエとSVアレマニア・ケーニヒシュテッテンにてプレーしており、約3年間の月日をドイツにて過ごしていた。彼が現在に至るギリシャに戻るきっかけとなったのはPAOKからの熱心な説得であり、彼の将来がギリシャにあることを家族に説いたことで2018年より復帰している。

復帰後のPAOKではK17(17歳未満)に登録されると、いきなり25試合/29得点とチームのトップスコアラーとなる活躍を残しており、来季からのK19(19歳未満)への昇格を飛び級にて掴み取っている。2019/20シーズンはK19リーグで23試合/19得点の好成績を記録すると、Covid-19からの再開を迎えたギリシャ・スーパーリーグ(ギリシャ1部)の優勝決定ラウンド第1節のオリンピアコス戦にてトップデビューを飾るまでに飛躍した。デビュー2戦目となるOFIクレテを相手には初ゴールを記録し、結果的に同シーズンではトップチームにおいて10試合での出場を果たしている。

2020年8月25日、2020/21シーズン最初の公式戦となったUEFAチャンピオンズリーグ予選のベシクタシュ(トルコ)戦では、この日の全得点に絡む2得点・1アシストの活躍で勝利に貢献したことで、その名は一気にヨーロッパ中に駆け巡っている。

代表歴            

2018年10月よりニコラオス・ケチャギアスが率いるギリシャU17でのデビューを飾っており、U17カテゴリではチームのエースストライカーとしてU17欧州選手権を戦い、本戦進出にも大きく貢献している。2019年11月には同指揮官が率いるギリシャU19でもデビューを飾っており、2020年8月にはUEFAネーションズリーグに臨むギリシャ代表にも初選出された。

移籍の噂           

具体的な噂は報じられていないが、直に名前を目にする機会も増えることだろう。PAOKとは2022年6月末までの契約を残している。

プレースタイル        

両脚を遜色なく使うことのできる彼は、ウィンガーとセンターフォワードの二面性を持っており、ウィンガーとしては個人技での創造性や狭いスペースを苦ともしない推進力が持ち味となっている。174cmと体格的には劣るも、持ち前の嗅覚とシュートセンスによってストライカーの役回りもこなすなどポリバレントなアタッカーとして注目されている。