アントワーヌ・コラサン

Nameアントワーヌ・コラサン(Antoine Colassin)
Date of birth2001年2月26日
Place of birthベルギーシャルルロワ)
Height188cm
PositionCF
Current clubRSCアンデルレヒト

※アントワーヌ・コラシンとも表記される

決定力の高さでアンデルレヒトの新エース候補となった逸材

プレー動画          

経歴             

■2001-2020年(幼年期~アンデルレヒト)

ベルギー南部に位置するシャルルロワに生まれ、ジャンブルーにあるRFCグラン=レにてキャリアを始めていた。その後、地元シャルルロワのシャルルロワSCの下部組織に加入すると彼の存在は広く知れ渡り、いくつかのクラブからオファーを受け取るほどの逸材であったという。こうしたオファーの中で、U15カテゴリから国内最大のクラブであるRSCアンデルレヒトでのプレーを選択すると、元ウェールズ代表であるクレイグ・ベラミーの下でトレーニングを積み、2019年8月にKVメヘレンⅡとの試合でリザーブデビューを飾るまでに成長を遂げた。

2019/2020シーズンの冬季キャンプからアンデルレヒトのトップチームトレーニングに参加すると、2020年1月に行われたジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)第22節のクラブ・ブルッヘ戦でトップデビューを果たし、同試合ではフル出場の末に先制点となる初ゴールを記録するなど鮮烈なデビュー戦となっている。その後もリーグ戦ではムスクロンとKAAヘントを相手に得点を奪うなどトップチームの舞台でも活躍できることを証明したが、2月に足首の靭帯を負傷したことで2~3ヶ月の負傷離脱を強いられている。現在はコロナウイルスの影響でリーグ戦も中断しており、彼も4月には復帰するのではと期待されているため、この中断期間が彼にとってプラスに作用するだろう。

代表歴            

ベルギーU15から常に世代別代表でのプレー歴を持つエリートであり、現在はベルギーU19でプレー中だ。

移籍の噂           

アンデルレヒトとは2022年6月末までの契約を残しており、彼自身としてもデビューシーズンであるため移籍に関してはもう1シーズンは動かないものだと想定される。また、具体的な移籍の噂も報じられていないが、クレイグ・ベラミーやヴァンサン・コンパニなどイングランドでのプレー経験も長い指導者がいることから、イングランドでの挑戦にはそれなりの準備ができるだろう。その一方で彼の代理人はバイエル・ミュンヘンで活躍を残したダニエル・ファン・ブイテンが務めているため、ドイツへのコネクションも持っている。

プレースタイル        

典型的な9番タイプのストライカーであり、最大の強みは結果に示されているようにフィニッシャーとしての決定力の高さだろう。クレイグ・ベラミーがインスピレーションを与えた挑戦を恐れない大胆なプレーは相手ディフェンスの驚異となり、188cmの体格もプロ仕様への改善は必要であるがフィジカルポテンシャルは大きい。また、彼は自身が9番であることを自覚しながらも、もう少し低めにプレーしながらゲームに参加することも好んでいる。