ネマニャ・ヨヴィッチ

名前ネマニャ・ヨヴィッチ(Nemanja Jovic)
生年月日2002年8月8日
国籍/出身セルビアズヴォルニク)
身長168cm ※本来は175cm程度
ポジションWG/CF
所属パルチザン・ベオグラード

独創的なテクニックで魅了するパルチザンの新たな真珠

プレー動画          

経歴             

■2002-2014年(幼年期)

ボスニア・ヘルツェゴビナを構成する主要民族のうち、セルビア人を主体としたスルプスカ共和国のズヴォルニクにて彼は生まれている。父ミリスラフは無名ながらフットボール選手としてプレーした過去を持っており、そんな父の試合を見るようにして5歳の頃から憧れを持つようになっていた。最初のコーチは地元タバンチのフットボールスクールを率いていたブラノ・ラディッチ氏であり、彼のもとで基本的な技術を培った後、新たなクラブとしてビイェリナ近郊のドヴォロヴィにある『フェニックス』と呼ばれるスクールに加入。そこでの彼はまさに神童そのものであり、様々なトーナメントに参加しながらも出場する大会では毎回最高のプレーヤー(MVP)として表彰されるなど才能は際立っていた(下記映像におけるメダルやトロフィーの数がそれを物語っているだろう)。

次に所属したビイェリナの『ラドニク』ではスルダン・スシッチ氏の指導を伸ばしながら初等教育を終えるタイミングでの挑戦に向けた準備を行っていた。当然のようにベオグラードのクラブから関心を集めるようになり、練習に参加するなど適切なクラブを見定めた結果、彼が選択したのが現在のFKパルチザン・ベオグラードとなっている。

■2014-2021年(パルチザン・ベオグラード)

12歳でパルチザン・ベオグラードの一員となったことで初めて本国のベオグラード(セルビア共和国)での生活が始まることとなった。パルチザンのトレーニング施設である『ゼムネロ』にて順調に成長を遂げると、2020/21シーズンに向けたトップチームにおいて背番号「77」を与えられた彼の姿が存在していた。シーズンの序盤戦においてはOmladinska Liga(セルビアU19リーグ)に出場しており、第4節のIMTベオグラード戦にてハットトリックをいきなり記録すると、トップチームに昇格するまでの8試合で6得点を記録。2020年12月16日に開催されたセルビア・スーペルリーガ(セルビア1部)第19節のFKムラドスト・ルチャニ戦にてトップデビューを飾ると、後半39分にはラザル・マルコヴィッチのゴールをアシストする活躍にてデビュー戦を締めくくっている。翌節のFKナプレダク・クルシェヴァツ戦では左ウィングとしてスターティングメンバーに抜擢されると、前半14分に期待に応える先制弾を奪ったことで彼の立場は確固たるものとなっていた。その後はシーズンを終えるまで貴重な戦力として数えられ、結果的にデビューシーズンでは22試合5得点2アシストの成績にて終えている。

代表歴            

彼の世代別代表としての始まりは2014年にチェコで開催されたトーナメントであり、スルプスカ共和国のU13にて大会最優秀選手に輝いていた。2018年9月にはU17欧州選手権予選のためにボスニア・ヘルツェゴビナU17としてプレーしていたが、2019年3月を最後に同国でのプレーを停止することになっている。

再び彼が世代別代表に選出されたのは2021年2月のセルビアU19であり、デビュー戦はかつてのチームメイトが多く所属するボスニア・ヘルツェゴビナU19であるなどセルビアを選択したことを表明。2021年3月には18歳でセルビアU21に招集されたことも驚きを与えたが、それ以上に2021年6月にドラガン・ストイコヴィッチがジャマイカと日本との強化試合に彼を招集したことは大きな話題を呼び、2021年6月7日のジャマイカ戦にてセルビアでのフル代表デビューを飾っている。

移籍の噂           

パルチザン・ベオグラードとは2024年6月末までの契約を残しているが、クラブは財政難の状況にあるためストラヒニャ・パヴロヴィッチ(ASモナコに1000万ユーロで移籍)やフィリップ・ステヴァノヴィッチ(マンチェスター・シティに850万ユーロで移籍)と同様に売却に応じる可能性も高いだろう。彼が憧れているのはネイマールであるため、PSGやバルセロナは有利な立場だ。

プレースタイル        

憧れているネイマールと同様に左ウィングを本職としながら、状況に応じて中央でプレーすることも可能な選手。18歳ながら既に独特の間合いを雰囲気を漂わせており、単純な加速による突破ではなく緩急を織り交ぜたプレーが特徴的だ。また、曲芸的な足技もネイマールを彷彿とさせ、プレッシャーを感じさせない自由なスタイルは神童であったことを感じさせる。パルチザン・ベオグラードの公式サイトでは168cmと表記されている身長だが、いくつかの写真を見ると推定175cm程度はあるものだと思われる。