マキシム・エステーヴ

選手紹介
名前 マキシム・エステーヴ(Maxime Estève)
生年月日 2002年5月26日
国籍/出身 フランスモンペリエ)
身長 193cm
ポジション CB
所属 モンペリエHSC

※Esteveはエステヴェ、エステベとも表記されている

プロ1年目ながらポテンシャルを証明するモンペリエの大器

プレー動画

経歴

■2002-2022年(幼年期~モンペリエ)

フランス南部の地中海に面した都市モンペリエ。中世ヨーロッパの時代から学園都市として栄えるこの街にてマキシム・エステーヴは誕生している。キャリアをスタートさせたのはモンペリエから約35kmほど離れたカネを本拠地とするASカネであり、父が指導者として務めていた縁によるものであった。

そんな父の影響でフットボールの世界に身を置いているが、父はチームが思うような結果を残せないでいると家で怒るような性格であり、指導者気質の性格による要求から彼も次第に完璧主義的な性格になっていたという。

9歳(2011年)になると親子揃って熱狂的なサポーターであったモンペリエHSCへの入団が実現しており、そこから8年後の2019/20シーズンにはモンペリエB(リザーブ)にて彼の姿は見られていた。同シーズンではフランス全国選手権2(フランス4部)の6試合に出場するも、2020/21シーズンにおいてトップチームでの出場機会は得られていない。

2021/22シーズンに入ると、ママドゥ・サコの離脱によってトップチームに本格的に統合されており、そのまま2021年8月に開幕したリーグ1(フランス1部)のマルセイユ戦にてトップデビューを達成。翌節からはサコの復帰によりベンチに控えていたが、2021年9月にモンペリエと最初のプロ契約を交わすと、トゥーレルからポジションを奪うようにしてセンターバックのファーストチョイスに君臨している。

充実した時間を過ごしていたが、第14節のスタッド・レンヌ戦で筋肉系の損傷を負ってしまったことで、約3ヶ月を離脱。それでも復帰後には再び元の序列に戻るなど指揮官からの信頼も厚く、順調に育てられているところだ。

代表歴

これまでは厚い選手層の前に世代別代表には選出されていなかったが、2021年10月にフランスU20でのデビューを飾るなど、これからの伸びしろに注目が集まる。

移籍の噂

モンペリエとは2024年6月末までの契約期間を残しており、プロ1年目の選手であるが既にACミラン(イタリア)からの熱い視線が報じられている。

プレースタイル

元々は左サイドバックを主戦場していたが、リザーブチームへの昇格後に現在のセンターバックにコンバートされた選手であり、今では希少価値の高い左利きのセンターバックとして評価を得ている。前述の父の影響もあり完璧主義な性格である彼は、常に警戒心を強く持ちながら、無理や焦りを感じさせないような冷静な守備に定評を持ち、落ち着き払った安定感はプロ1年目とは思えないようなパフォーマンスだろう。

フィジカルは193cm/87kgと申し分ないものがあり、空中戦などのデュエルでも強みを発揮するだけでなく、左足を中心とした技術力の高さもピックアップされている。負傷離脱期間中には、想定よりも時間を要したことを語りながらも、この期間中に自身の身体をよく知れたことが良い結果を生み出すだろうとポジティブに消化している。

タイトルとURLをコピーしました