アブデ・エザルズーリ

175-179cm,2001,WG,モロッコ

名前 アブデ・エザルズーリ(Abde Ezzalzouli)
生年月日 2001年12月17日
国籍/出身 モロッコベニ・メラル)
身長 177cm
ポジション LWG
所属 FCバルセロナ

※エズ・アブデとも表記される

シャビ政権のサプライズとなっているモロッコの新星

プレー動画

経歴

■2001-2016年(幼年期~プロメサス・エルチェ)

Ez Abde(エズ・アブデ)の愛称で親しまれる彼はモロッコ共和国の中部に位置するベニ・メラルにて生を受けている。3人兄弟の末っ子であり、家族とともに7歳の頃にスペインのエルチェ(バレンシア州・アリカンテ県)に移住。決して裕福な家庭環境ではなく、移り住んだ『カルス』はスペイン全体で最も平均総所得が低い(15,542ユーロ:約200万円)地域と知られれるなど、こうした環境のもとで幼少期を過ごしていた。

キャリア的にも華やかではなく、ペーニャ・イリシタナ・ラバルCF(2008-10)、CDパブロ・イグレシアス(2010-13、2014-15)、ケルメCF(2013-14)、CDクルトゥラル・カルス(2015-16)、プロメサス・エルチェCF(2015-16)といった小規模のクラブを16歳頃までは転々と所属。彼の分岐点となったのは、プロメサス・エルチェとエルクレスCFがフベニル(U18)カテゴリで対戦した際であり、その試合でエルクレスを指揮していたアントニオ・モレノに見出されたことで2016年夏よりエルクレスへの加入が決定している。

■2016-2021年(エルクレスCF)

エルクレスでは2018/19シーズンよりテルセーラ・ディビシオン(スペイン4部)に属するエルクレスB(リザーブ)への昇格を果たしており、彼のよき理解者であるアントニオ・モレノの指揮下にてシニアカテゴリでの挑戦が始まった。2019年11月にはエルクレスのスポーツディレクター(SD)を務めるハビエル・ポルティージョとの2ショットにてプロ契約を交わしたことが発表されると、2019年12月にはセグンダ・ディビシオンB(スペイン3部)第15節のUEオロト戦にてトップデビューを飾っている。ただ、同シーズンの目的としてはテルセーラ・ディビシオンからの降格を避けるという名目でリザーブチームでの起用が主であり、結果的にエルクレスBでは17試合5得点と印象的なスタッツを残している。

COVID-19からの影響明けとなる2020/21シーズンよりトップチームをメインに組み込まれ、第6節のオリウエラCF戦では6分の出場時間にてプロ初ゴールを奪取。それでも定期的な出場機会を得られるようになったのはシーズン終盤のことであり、第2フェーズの全8試合のうち7試合でフル出場となるなど評価を高めた時期でもあった。これらの活躍によりFCバルセロナやバレンシアCFを中心とした争奪戦が繰り広げられるも、エルクレスとしては非売品であることを主張していたという。

しかし、バルセロナからの移籍金200万ユーロというオファーが届き、COVID-19の影響も受けていたクラブにとっては売却を回避できないような内容だとして承認。2021年8月に取引は成立した。ちなみにバレンシアは2020年の段階で署名することができたが、エルクレスからの5試合で45分以上出場しなかった場合に1万ユーロの金銭的補償を支払う条項を拒否したことで実現しなかったそうだ。こうして彼はエルクレスCFとアリカンテの人々への感謝の言葉を残してクラブを去っている。

この投稿をInstagramで見る

Abde Ezzalzouli(@ez.abde)がシェアした投稿

■2021年(FCバルセロナ)

バルセロナではBチーム(リザーブ)向けの補強として加入しており、新たに再編されたRFEFプリメーラ・ディビシオン(スペイン3部)のヒムナスティック・タラゴナ戦にてデビュー。しかし、2021年10月からはトップチームに離脱者が続出したことで急遽引き上げられると、2021年10月30日のラ・リーガ(スペイン1部)第12節のアラベス戦にてFCバルセロナにおける最初のモロッコ人選手として出場した。

2021年11月よりシャビ・エルナンデスが新たな指揮官として就任してからも重宝されており、現在に至るまで6試合連続での起用を受けると、第17節のCAオサスナ戦では前半から積極果敢な仕掛けで相手ディフェンスを翻弄すると、後半立ち上がりには右サイドからの折返しに見事なボレーシュートにて初ゴールを記録するなど新たな希望として注目を集めているところだ。

代表歴

スペインの二重国籍を取得する動きが見られたタイミングにて、モロッコサッカー連盟は2020年2月からのアラブ・カップに臨むためのモロッコU20に招集。同大会では5試合で2得点を記録したほか、6月にはモロッコU23でもプレーするなどヴァヒド・ハリルホジッチが指揮するモロッコのフル代表への招集も時間の問題となっている。Instagramのプロフィールでも表示しているようにモロッコ代表としてプレーする見通しだ。

移籍の噂

バルセロナとは2024年6月末までの3年契約に加え、さらに2年間の更新オプションが付与されているなどプロテクトは強固なものとなっている。加入1年目であるため移籍の可能性も低く、当面はバルセロナのプレーヤーとして活動するだろう。まずは主力選手の復帰後でも定着できるだけのアピールが必要だ。

プレースタイル

エルクレスに加入する前から典型的なウィンガーであり、若手らしく勇猛果敢に1vs1の状況でも仕掛けながらチャンスを創出する。緩急をつけたドリブルは縦への突破やカットインを状況に応じて使い分けることができ、対複数人を相手にも引けを取らないボールコントロールはバルセロナでも大きな武器となりつつあるだろう。とはいえ、まだボールに対する意識が強すぎる特徴や守備時の不安要素もあるなど課題は多い。それでもまだまだ見守っていくための時間が残されているため、試合経験を重ねることでシャビのもとで改善に繋がるはずだ。