ヤン・グボホ

この選手にどれぐらい期待できますか?
全く期待できないあまり期待できないどちらとも言えないやや期待できる絶対に期待できる (まだ評価がありません)
読み込み中...
Nameヤン・グボホ(Yann Gboho)
Date of birth2001年1月14日
Place of birthフランスマン)
Height178cm
PositionAMF
Current clubスタッド・レンヌ

才能に満ち溢れたレンヌの新たなスター候補

プレー動画          

経歴             

■2001-2019年(幼年期~スタッド・レンヌ)

コートジボワール南西部の都市であるマンに生まれた彼だが、2002年のコートジボワール内戦や父の影響もあり5歳でフランス海外県のマルティニークに移り住んだ歴史を持っている。ベルギーのKVCウェステルローに所属しているアンブロワーズ・グボホとスタッド・レンヌの下部組織に所属しているGuéla Douéは彼の親戚だ。2010年にマルティニークのエグロン・ド・ラマンタンFCでキャリアを始めた彼は、2013年までを同チームで過ごした後、フランスのルーアンを本拠地に構えるFCルーアン1899に加入。ルーアン在籍時にはティエリ・アンリやキリアン・エムバペなどを輩出したクレールフォンテーヌ国立研究所(INF)のスカウティング担当者の目に留まり、テストを経て加入するよう誘われたが、100人中99人が「Yes」と答えるような誘いを拒否していた。その背景にはフランス国内の多くのクラブがアプローチをかけていたこともあり、多くの選択肢を持っていた中で、叔父であるアンブロワーズ・グボホが所属していたスタッド・レンヌに気持ちが傾いていたという。

家族内でもオリンピック・リヨンとスタッド・レンヌの2択に意見が分かれたが、最終的に彼自身がスタッド・レンヌを希望したことで2016年よりスタッド・レンヌの下部組織に入団を決めている。レンヌでのトレーニングから2年間が経過した2018年5月に17歳で最初のプロ契約を締結。スタッド・レンヌB(リザーブチーム)での出場機会も得ながらU17、U19の国内リーグの制覇に貢献した。そして2019/2020年シーズンの開幕前に行われたトロフェ・デ・シャンピオン(フランスのスーパーカップ)では、パリ・サンジェルマンを相手に後半23分からトップデビューを飾り、シーズン開幕後のリーグ・アン(フランス1部)第11節のFCトゥールーズ戦では同点で迎えた後半ロスタイムにロマン・デル・カスティージョに代わって投入されると、出場からわずか1分で勝ち越しゴールを記録しチームを勝利に導くなど確かな存在感を示している。

代表歴            

コートジボワールで生まれた彼だが、スタッド・レンヌに移籍後からはフランスの世代別代表に招集を受けており、これまでにU16~U18までのデビューを飾っている。

移籍の噂           

スタッド・レンヌとは最初のプロ契約期間である2021年6月末までの契約を残しているが、積極的に動いているとされているFCポルトとレッドブル・ザルツブルクを始め、バイエルン・ミュンヘンやマンチェスター・ユナイテッドなどのヨーロッパ主要クラブからの関心を持たれており、争奪戦が繰り広げられるのも時間の問題となっている。レンヌとしてはエドゥアルド・カマヴィンガと同様に慎重な姿勢を取っていくだろう。

プレースタイル        

ポール・ポグバをモデルと語る彼は、技術的に優れた選手であり、1vs1で相手を手玉に取ることを得意とする攻撃的なプレーヤーだ。10番のポジションを本職とし、自身の得意なスタイルでチームの攻撃を牽引する。18歳の年齢から怖いもの知らずな自信に溢れたプレーであるため、当面は対戦相手に衝撃を与えるだろう。