ムィハーイロ・ムドリク

名前 ムィハーイロ・ムドリク(Mykhaylo Mudryk)
生年月日 2001年1月5日
国籍/出身 ウクライナクラスノグラード)
身長 175cm
ポジション WG/AMF
所属 シャフタール・ドネツク

神を崇拝し自身を形成するウクライナのライジングスター

プレー動画          

経歴             

■2001-2016年(幼年期~ドニプロ)

ウクライナ北東部に位置するハルキウ州のクラスノグラードに生まれた彼だが、家族では誰もサッカーをしたことがないという環境にあったため、自ら親に頼んでサッカースクールに加入した背景を持っている(母はダンスをさせたかったそうだ)。アンドリー・ルニンギオルギー・スダコフを始め、多くの才能を輩出してきたメタリスト・ハルキウの下部組織で本格的にサッカーに取り組むと、アンドリー・アナトーリエヴィチ・デュピリー、オレグ・クラマレンコ、アレクセイ・アルチェフスキー・チョーバンといったコーチ陣によってオランダ式の指導を受けていた。しかし、メタリスト・ハルキウの経営難が顕著になった2014年に退団(メタリスト・ハルキウは2016年に解散している)し、FCドニプロに移籍した。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Михаил Мудрик(@mmudryk10)がシェアした投稿

当時のドニプロは2014/15シーズンのUEFAヨーロッパリーグにてクラブ史上初の準優勝を果たすなど勢いに乗っており、ファンデ・ラモスが浸透させたスペイン式の指導にて才能をさらに伸ばしたという。しかし、そんなドニプロも経営破綻に陥ったことでクラブの再編時期となった2016年にクラブから離れている(後の2019年にドニプロも解散した)。

■2016-2021年(シャフタール・ドネツク)

15歳でシャフタール・ドネツクの一員となった彼は、16歳でシャフタールU19でプレーし、2018年10月に行われたウクライナカップ・ラウンド16のFCオリンピク・ドネツク戦では17歳ながらトップデビューを達成。しかし、そこからシャフタールの厚い選手層には介入できる余地がなかったことで、2019年冬の移籍市場にてFCアルセナル・キエフへの期限付き移籍が発表された。アルセナル・キエフでは2019年3月に同じくオリンピク・ドネツクを相手にウクライナ・プレミアリーグ(ウクライナ1部)でのリーグデビューを飾ると、降格プレーオフラウンドでは全10試合のうち8試合(332分)に出場するなど、降格を回避しながら経験を積んでいる。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Михаил Мудрик(@mmudryk10)がシェアした投稿

2019/20シーズンはシャフタールで1シーズンを過ごすことを選択しているが、トップチームでは3試合の出場に留まったことで、2020/21シーズンをSFKデスナ・チェルニーヒウにて半年間の期限付き移籍でプレーをすることを選択。デスナでは開幕節から起用され続け、2020年の11試合(650分)に出場しながらクラブの上位躍進に貢献(彼の退団時点で3位、最終的には6位)した実績を提げてシャフタールに戻っているが、そのシーズンも再び3試合の出場に留まっている。

ただ、新たな2021/22シーズンでは長期に渡ってシャフタールの攻撃をタイソンの退団やイェウヘン・コノプリャンカの合流の遅れもあり、層が薄くなった左ウィングに介入することに成功。基本的にはイスラエル代表のマノル・ソロモンが1stチョイスであるが、第5節のチョルノモレツ・オデッサ戦での2アシストを始め、6試合で1得点4アシストという直接的な結果を残したことから重宝されているところだ。

タトゥー            

16歳の夏頃からレタリングタトゥー(文字で構成されたタトゥー)を刻んでおり、最初のタトゥーとして左首の位置に「Only Jesus(イエスだけ)」を入れるなど、彼は敬虔なクリスチャンだ。特に親から宗教観を押し付けられたわけではなく、9歳の頃に自ら聖書を読み始めてから神について考え始めたという。2018年の春から夏にかけては心臓に位置する左胸にハート(心臓)とサッカーボールをあしらったタトゥーを入れ、右胸には「Dear God. If today I lose my hope, please remind me that your plans are better than my dreams…(神へ、もし私が今日希望を失ってしまったら、どうかあなたのプランが私の夢よりも優れていることを思い出させてください。)」という有名な言葉を刻んでいる。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Михаил Мудрик(@mmudryk10)がシェアした投稿

代表歴            

2016年にウクライナU15に選出されて以降、ウクライナの世代別代表に選ばれ続けている常連だ。ウクライナU17で本格的な活動を経ずに17歳でウクライナU19に定着すると、セルゲイ・ポポフとオレフ・クズネツォフの指揮下にてU19欧州選手権をプレーし、予選ラウンドで9試合4得点3アシストと好成績を残していた。2019年6月には18歳でウクライナU21に選ばれ、COVID-19の影響を受けながらも国を代表する選手の一人となっている。

移籍の噂           

シャフタール・ドネツクとは2025年6月30日までの契約を締結しているなど、クラブからの信頼は厚い存在だ。ドイツとイタリアのクラブからの関心も水面下であったが、現在は移籍についての噂も報じられていないため、残留が濃厚となっている。ただ、シャフタールで絶対的な存在にはなっていないため再び期限付き移籍の可能性も残してはいるだろう。もしくは新たな挑戦を求めて主要リーグに渡ることも一つの手だ。

プレースタイル        

彼は性格も含めて非常に分かりやすい選手であり、一瞬の加速と軽やかなテクニック(利き足は右)で抜き去るウィンガーだ。こうしたスタイルを最も表現することのできる左ウィングのポジションを好み、中央でもプレーできる適応力も持っている。彼のアイドルはネイマールであることから、ウクライナ国内では「ウクライナのネイマール」と称された。攻撃面での見通しは明るく才能を持っていることは誰も否定できないが、守備タスクへの献身性が不十分であるため、戦術的な柔軟性には改善がかなり必要だろう。20歳の彼がさらなる成長をするには新境地の開拓が必要だ。