マノル・ソロモン

名前マノル・ソロモン(Manor Solomon)
生年月日1999年2月24日
国籍/出身イスラエルクファ・サバ)
身長169cm
ポジションWG 
所属マッカビ・ペタク・チクヴァ
イスラエルの宝石として期待される新星

プレー動画          

経歴          

彼は地元のハポエル・クファ・サバにて8歳からキャリアをスタートさせた。1年間と短い在籍の後、現在のマッカビ・ペタク・チクヴァに入団をしている。8年ほどユースチームで経験を積むと、2016年11月にハポエル・ハイファとの試合でトップリーグデビューを果たした。既に18歳ながらチームの主力として定着し、ワールドカップの予選であるマケドニアとの試合とイタリアとの試合で招集されベンチ入りながら選出されるなど周囲からの期待は厚い。プレースタイルはスピードを活かし相手を置き去りにするドリブルが持ち味で、非常にセンスのある仕掛けを見せている。シュートとパスセンスにも一定の評価ができ、既に自分の形を持っているように感じた。そんな彼にはリヴァプールやユベントスが興味を示しており、約500万ユーロとも伝えられている移籍金を払ってでも獲得したいクラブは出てくるだろう。

シーズン移籍先移籍金
2018-19シャフタール・ドネツク600万ユーロ