カクペル・コズラウスキー

選手紹介

この選手にどれぐらい期待できますか?
全く期待できないあまり期待できないどちらとも言えないやや期待できる絶対に期待できる (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...
Name カクペル・コズラウスキー(Kacper Kozlowski)
Date of birth 2003年10月16日
Place of birth ポーランドコシャリン)
Height 177cm
Position AMF/CMF
Current club ポゴニ・シュチェチン

ポーランドサッカー界を担うコシャリンの宝石

プレー動画          

経歴             

■2003-2020年(幼年期~ポゴニ・シュチェチン)

ポーランド北西部のバルト海に面したコシャリンにて生まれ、地元のバルティック・コシャリンにキャリアをスタートさせた後、2016年よりポゴニ・シュチェチンのアカデミーへと加入した経歴を持っている。2018/2019シーズンより14歳でポゴニ・シュチェチンU19に昇格を果たすと、セントラル・ユース・リーグ(ポーランドU19)の開幕戦となるエラン・トルンU19戦でいきなりのデビュー弾を記録。U19リーグで15試合9得点の成績を収めた彼は、2018年11月には3Liga(ポーランド4部)に属するセカンドチームでのデビューも飾っており、そんなデビュー戦となったWda Swiecie戦でも1得点1アシストを記録するなどポテンシャルの高さを見せつけていた。2019年5月19日のエクストラクラサ(ポーランド1部)第37節となるクラクフ戦では、15歳と215日でのトップデビューも果たしており、同シーズンの集大成として大きな経験を積むこととなった。

2019/2020シーズンはシーズン序盤からトップチームに招集されることも多く、2019年だけでもトップチームでは3試合に出場。順風満帆に思えたが、2020年1月にトレーニングへ向かう道中で自動車事故に巻き込まれており、腰椎を骨折するなど年初から負傷離脱を強いいられている。完全復帰は6月になると見られているため、当面は来季に向けての準備を進めていくことだろう。

代表歴            

ポーランドU14~U17の各世代別代表ではチームの中心選手として活躍しており、ポーランド国内でも次世代を担う重要な存在として認知されている。

移籍の噂           

2019年10月にマンチェスター・ユナイテッドからの関心が報じられ、既にイタリア、ドイツ、フランスのクラブからも注目を集めているためビッグクラブは彼の青田買いに積極的な姿勢を見せている。ポゴニ・シュチェチンとは2022年6月末まで契約を残しているため引き抜きは容易ではないだろう。彼は14歳の頃に受けたインタビューにて、FCバルセロナに対しての憧れを公言しており、自身の最大の夢はチャンピオンズリーグの決勝でプレーすることと野心的な発言をしているため将来的な国外挑戦は間違いない。

プレースタイル        

右利きの攻撃的なミッドフィールダーであり、持ち前のタレント力でチームの攻撃を牽引する存在だ。しなやかなタッチからの推進力は大きな武器であり、優れた意思決定の下で効果的なラストパスの提供や自らフィニッシャーとなる動きを見せるなど多岐に渡る存在感を見せている。彼自身はモデルとしてポール・ポグバとグジェゴシュ・クリホヴィアクを挙げており、彼らのような存在になることを目標としている。