イスマエル・ガルビ

この選手にどれぐらい期待できますか?
全く期待できないあまり期待できないどちらとも言えないやや期待できる絶対に期待できる (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...
Nameイスマエル・ガルビ(Ismaël Gharbi)
Date of birth2004年4月10日
Place of birthフランスパリ)
Height1??cm
PositionAMF
Current clubパリ・サンジェルマン

※イスマエル・ガービとも表記されるだろう

パリ・サンジェルマンの下部組織に控える小さな魔術師

プレー動画          

経歴             

■2004-2016年(幼年期~パリFC)

チュニジア共和国にルーツを持つ彼はフランスのパリ11区に生まれ育っており、2010年7月からパリFCの下部組織に入団した経歴を持っている。パリFCでは同じくチュニジアにルーツを持ったハンニバル・メイブリ(現マンチェスター・ユナイテッド)と共にダノンネーションズカップ(U12)のフランス国内大会を制覇する活躍を残していた。当時の彼はチーム内で最年少の選手であり、チームのマスコット的存在だったとされ、いつも大人を相手にプレーしてたそうだ。同大会におけるモロッコのマラケシュでのダノンネーションズカップ世界大会ではフランス代表として3位で終えることになった。

■2016-2020年(パリ・サンジェルマン)

2016年7月に現在のパリ・サンジェルマンに引き抜かれると、ラ・リーガ・プロミセス(U12)ではパリ・サンジェルマンの6番として高いパフォーマンスを見せていたという。2019年10月にはパリ・サンジェルマンとのトレーニング契約を延長、パリ・サンジェルマンU16として臨んだアルカス・インターナショナル・カップ2020ではイエリス・フスニ(2005)とのデュオにて大会を席巻した(同大会の最終成績は3位、自身は5得点を記録した)。

代表歴            

2019年11月に、クレールフォンテーヌ国立研究所でのトレーニングコースに参加するようフランスU16から招集を受けており、フランス世代別代表としてのキャリアを歩んでいる。先立って触れたようにチュニジアにルーツを持っていることからチュニジアを選択することも可能となっている。2018年には自身のInstagram(前アカウント)にてチュニジア代表のサイフ=エディン・ハウイとの写真を載せるなどチュニジアへのナショナリティは失っていない。

移籍の噂           

パリ・サンジェルマンとは2022年までのトレーニング契約を交わしており、移籍の可能性は低い。

プレースタイル        

右利きの彼は具体的な身長は不明であるが、動画で見ても判断できるように周囲の選手と比べてもサイズ的に小さいことが見て取れるだろう。こうしたサイズ的なハンディを持ちながらも、その問題を感じさせないレベルに到達した非常に創造的かつ技術的に熟練したプレースタイルが彼を支えている。パスのクオリティは同世代のパリ・サンジェルマンにおいては別格の領域に位置づけられ、チャンスメイクだけではなく自身でもフィニッシュできる一面も持っているなど攻撃的なミッドフィールダーとしての将来性は大きい。