イサーク・チバング

この選手にどれぐらい期待できますか?
全く期待できないあまり期待できないどちらとも言えないやや期待できる絶対に期待できる (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...
Nameイサーク・チバング(Isaac Tshibangu)
Date of birth2003年5月17日
Place of birthDRコンゴキンシャサ)
Height1??cm
PositionWG
Current clubTPマゼンベ

※アイザック・ツィバングーとも表記されるだろう

16歳にして名門マゼンベの主力となったDRコンゴの超新星

プレー動画          

経歴             

■2003-2020年(幼年期~TPマゼンベ)

コンゴ民主共和国(DRコンゴ)の首都であるキンシャサに生まれ、地元の小さなクラブであるFCロコロ・モトにてクラブキャリアをスタートさせた逸材だ。その後、ASドラゴン・ビリマに加入し、2018/2019シーズンのリナフット(DRコンゴ1部)に所属しているトップチームに帯同していたが、クラブが降格を喫したことを機に現在のTPマゼンベに引き抜かれた経歴を持っている。わずか15歳で国内最強のクラブであるTPマゼンベのトップチームに昇格した彼は「11」の背番号を与えられ、デビューからの11試合で4得点を記録する活躍を残していた。2019/2020シーズンのCAFチャンピオンズリーグにおいても、準々決勝のラジャ・カサブランカ戦にて敗れはしたが、同大会で8試合に出場するなどサプライズとなった。

代表歴            

世代別代表としてはのキャリアは不明であるが、2019年9月18日行なわれたルワンダとの親善試合にてDRコンゴのフル代表デビューを早々にして飾っている。

移籍の噂           

マゼンベとは移籍時に2024年までの5年契約を締結している。現時点では移籍に関する噂は報じられていないため、徐々にその名が知れ渡るだろう。

プレースタイル        

右利きのレフトウィングであり、並外れたスピードとスキルを活かした1vs1の強さに定評を得ている。既に得点力も証明されつつあり、わずか16歳にして名門マゼンベの主力としてプレーする姿は非常に有望な才能と断言できるだろう。同世代の少年らと同様にネイマールとキリアン・エムバペに触発されており、彼らのプレースタイルをミックスしてオリジナルなものにするのを好んでいる。モデルケースはネイマールだ。