アギブ・カマラ

170-174cm,2001,AMF,ギニア

名前 アギブ・カマラ(Aguibou Camara)
生年月日 2001年5月20日
国籍/出身 ギニア
身長 170cm
ポジション AMF
所属 オリンピアコスFC

オリンピアコスで開花したギニアのファンタジスタ

プレー動画          

経歴             

■2001-2019年(幼年期~エレファント・コレア)

1958年にフランスの植民地でも国民投票で独立を果たした先駆者であるギニア共和国。今回の主人公であるアギブ・カマラの出身国であるが、幼年期のキャリアについては不明点が多く現時点の情報量では明らかとなっていない。それでも首都コナクリにあるアカデミー・フットボール・クラブ・デ・コナクリ(通称:AFC)に在籍していたことはクラブのFacebookから判明しており、同クラブを経た後にコナクリから約30kmほど離れたエレファント・コレアに加入している。

そんなエレファント・コレアでのデビュー時期などは分からないもの、17歳であった2018/19シーズンには既にギニア・シャンピオナ・ナシオナル(ギニア1部)でプレーしており、クラブは14チーム中11位と下位に低迷していたが、彼自身はリーグの最優秀若手に相当する賞を手にするなど高い評価を得ていた。シーズン途中の2018年6月には18歳からのLOSCリール(フランス)への移籍を締結しており、スパルタ・プラハ(チェコ)やデポルティボ・アラベス(スペイン)といったクラブとの争奪戦を言葉の壁が少ないという理由で制している。

■2019-2021年(LOSCリール)

18歳の誕生日を迎えた2019/20シーズンよりフランスに渡っており、リザーブチームに該当するリールBに加入。2019年9月にはフランス全国選手権2(フランス4部)でのデビューを初ゴールという結果付きで果たしており、UEFAユースリーグ(U19)でもプレーするもCOVID-19の影響によりシーズンは途中で終了した。初年度はBチームにて17試合1得点1アシストの成績を収めている。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A G U I B O U(@aguibou_camara2)がシェアした投稿

2020/21シーズンもリールBから始まっているが、2021年の年明けまでは目立った動きはなく空白の期間が訪れていた。それでも2021年2月に行なわれたクープ・ドゥ・フランス(カップ戦)3回戦となるディジョンFCOとの試合にてフル出場でのトップデビューを飾っており、そこでは貴重な決勝ゴールも記録するなど忘れられない日となっている。ただし、リールのトップチームではリーグ・アン(フランス1部)における10シーズンぶりの優勝に向けた真っ只中にあったことから、彼がベンチ入りする隙間もなく日の目を見ることはなかった。

■2021年(オリンピアコス)

出場機会を与えることはなかったが、リールは彼に最初のプロ契約を提示。しかし、この2年間での扱いに満足できなかったことからギリシャの名門オリンピアコスに移籍することを決断しており、2021年7月に正式にプロ契約を交わす形で移籍が実現した。移籍から1週間後にはUEFAチャンピオンズリーグ予選となるネフチ・バクー(アゼルバイジャン)戦にてデビューを飾っており、同じくCL予選のルドゴレツ(ブルガリア)戦では初ゴールを記録するなどチームに適応するのに時間を要することはなかった。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A G U I B O U(@aguibou_camara2)がシェアした投稿

2021年9月からはギリシャ・スーパーリーグ(ギリシャ1部)が開幕すると、主力として首位をひた走るクラブを牽引しながら第14節を終えた時点で13試合4得点4アシスト、公式戦全体でも23試合5得点4アシストと本来のポテンシャルを発揮しつつあるところだ。

代表歴            

2017年にギニアU17、2018年には17歳でギニアU20という国内の最優秀若手に恥じないような飛び級を見せており、フランスに渡って数カ月後にはコモロとの親善試合にてギニアのフル代表デビューも飾っていた。フル代表ではカタールワールドカップに向けたアフリカ2次予選を戦っており、2次予選の5試合に出場するもグループリーグ3位の成績で敗退に終わっている。

移籍の噂           

2021年夏にオリンピアコスへ移籍したばかりであるが、早くもリヴァプールやレスター・シティ、ニューカッスル・ユナイテッドといったイングランド1部からの関心を集めており、2022年1月の移籍市場で才能を確保するための動きが報じられている。オリンピアコスとは4年契約(2025年6月末)までの契約を残していることもあり、この段階での引き抜きには相応の移籍金が求められることだろう。

プレースタイル        

オリンピアコスでは4-2-3-1のトップ下(No.10)で主に起用されている攻撃的ミッドフィールダーであるが、ウィンガーといったフロントスリーでもプレーできるオプションを持っているタレントだ。身長は170cm程度と恵まれていないが、右足(利き足)を中心としたボールコントロール、ドリブル、ラストパス、シュートといったスキルを備えるだけでなく、非凡な守備センスで前線からボールを奪取することもできるなどチームへの貢献度は高い。まさにギニアのファンタジスタと呼ぶに相応しい才能だろう。